コンテンツの先頭にスキップ

はなみどPJ そだてる

<終了しました>第三回 公園・街路の樹木みまもり講座 ≪すいた街の木プロジェクト≫


「落ち葉はトモダチ」街路樹からの贈りもの
~専門家の並木よもやま話と落ち葉をつかったしおりづくり~

吹田市が管理する公園や街路の樹木について、
市民がみまもり、興味を持っていただくことが、
すいたのまちのみどりを守り、育むことへとつながります。
「公園・街路の樹木みまもり講座」では、樹木の専門家や
研究者を招いて、様々な目線から街の木の現状を学び、
より良い街の環境づくりへと活かしていきます。
第三回となる今回は、街を彩る“街路樹”にスポットを当て、
街路樹の役割やその効果を可視化する評価分析ツール“i-Tree”
の研究者である川口将武先生からわかりやすく学びます。
フィールドワークの後は、落ち葉を使って素敵なしおりをつくります。

【日程】2021年11月20日(土)※雨天決行
【時間】13:30~15:30
【会場】吹田市花とみどりの情報センター ※街路樹や公園の樹木を観察します
【対象】どなたでも ※要予約
【予約】11月5日(金)より、吹田市花とみどりの情報センター電話にて受付
お問い合わせ:吹田市花とみどりの情報センター
TEL:06-6155-1987 FAX:06-6831-5087

【内容】
吹田市花とみどりの情報センターに集合後、
徒歩で移動できる範囲にてフィールドワークを行います。
現地で街路樹や公園の樹木を観察しながら、その役割や機能、
価値について、大阪産業大学川口将武先生よりお話しいただきます。
センターに戻り、落ち葉を使ったしおりづくりとディスカッションを行い、
今後の街の木プロジェクトの活動に活かします。
※所要時間二時間
※雨天時は内容が変更になる場合がございます。

講師 大阪産業大学 デザイン工学部 建築・環境デザイン学科 准教授 川口将武

みまもり講座チラシはこちら⇒第三回 公園街路のみまもり講座

ご来館のみなさまへ
<新型コロナウィルス感染拡大防止のための留意事項>
■次の様な症状のある方は、参加をご遠慮いただきます。
①参加時に発熱・咳・のどの痛みなどの症状があるなど、体調不良の方は参加できません。
②行政機関より外出の自粛を要請されている方は参加できません。
③参加の途中で頻回に咳をする人がいれば退席を要請する場合があります。

■ご来館の際はマスクを着用下さい。※センターでマスクの販売は行っておりません。
■ご来館時、検温と手指の消毒等のご協力をお願いいたします。
■はなみどホームページにて、ご来館のみなさまへ新型コロナウィルス感染拡大防止のためのお願いを掲載しております。そちらもあわせてご確認下さい。